ショーウィンドウを眺めてみれば

東京・銀座のメゾンエルメスエルメスの旗艦店)には、

店舗内8階に現代美術作品を展示しているスペースもありますが、

路面のショーウィンドウを若手アーティストの作品が彩っています。

1月・2月は、私も良く知るアーティストの植松琢麿さんの作品が置かれています。

 

f:id:chisaifujita:20140127184611j:plain

 

植松さんの作品は、動物や植物をもとに、人や世界とのつながりを表現しています。

このショーウィンドウでの作品は、丸みを帯びたフォルムで柔らかを感じます。

まるで幻想的な場所に迷い込んでしまったよう。

 

女性像にはもちろんエルメスのスカーフも巻かれていますよ。

 

銀座にいらっしゃったときには、ぜひチェックしてみてくださいね。